深読み先生お絵かき教室日記<%sub_title=子どもの絵解析>
FC2ブログ
深読み先生・お絵かき教室日記
絵画作品 子どもの絵解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
統一に導くもの
DSCF1621.jpg


プリミティブな花と、テーブルに置いたカラスウリが、はっきりとした輪郭線で表され、彩色されています。
輪郭線を描いて、そして彩色してゆく。
一見当たり前のようなこの描きかたには、画面が単調でしかもばらばらになって仕舞う危険性があります。
 なぜならこれだけはっきりとした輪郭線は、はっきりと個々を区別 分離し、輪郭線からはみ出ないように彩色しようとすることは、細部にこだわりすぎるあまり全体を見失ってしまうことにもなりかねないからです。
 
しかし、この方法がうまく運べば、輪郭線で物をはっきりと表現し、はみ出さないように彩色しようする意図は、作品の方向性と性質を導く一貫したやり方にもなりえます。

ではそのような描きかたで、画面がばらばらにならず、統一性のあるものに導くものとはなんでしょうか。

ここには線と色彩の美しさを損なうことがないようにしたいという気持ち。
 そしてそのために、常に描いた線や、色彩が、描かれていない余白とどのような関係にあるかに心を配っている緊張感があります。
 
結果的に余白は上部だけになってテーブルや花瓶ときっぱりとしたコントラストを持って生き生きしています。


にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログへ ブログランキングranQ

ブログランキングに参加しています。よろしかったら応援のクリックお願いします




テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/18 23:46】 | 絵画 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<生命感 2 | ホーム | あけましておめでとうございます。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://trkhr884.blog27.fc2.com/tb.php/112-c25f292e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

もりやま

Author:もりやま  画家の眼から見た子どもの絵の良さ、子どもの絵を通して芸術の意味を考えていきます。気軽にコメントくださいね。
リンクはフリーです。
Judging from eyes of a painter, I analyze a picture of a child. I think about a meaning of art through a picture of a child.  /

もりやま作品展示室

works exhibition room

生徒募集kiio
無題

絵画・美術教室検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

目次

サイト内検索

検索したい言葉を入れると、その言葉が使われた記事を並べます。

最近の記事

最近のコメント

リンク

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--