深読み先生お絵かき教室日記<%sub_title=子どもの絵解析>
FC2ブログ
深読み先生・お絵かき教室日記
絵画作品 子どもの絵解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
絵と現実をつなぐ
DSCF2986.jpg

様々な色の粒子によって白い魚が浮かび上がっています。
これはブラシ絵です。網をベニヤをくり抜いた枠に張り、絵の具を付けた歯ブラシをこすり合わせて色の粒子を画面に落として作ります。

色は赤、青、黄の3色を使っていますが交じり合って非常に複雑な色彩が生まれています。
中央にはうっすらと魚の形がみえます。これは紙を切り抜いた形を画面において作っています。
非常に細かい粒子は柔らかい色調の変化を作り、ふんわした空間をつくっています。
中間の粒の粒子は画面をざらつかせ、飛沫で勢い意をを与えています。
意図せずぽたりと落ちた絵の具は画面の中で魚の目になったり、物質的な強さを与えています。
型を置いた所は白く残るわけですがよく見ると左下の丸、右下の丸、中央の魚、魚の上の横になったハート型、そして左上の三日月のような形は、微妙に白さに変化が現れているのが分かります。
これは何回も色彩を重ね合わせ色彩と取り残された形を楽しんでいるうちに画面に奥行きと深さが生まれているようです。
特に左上の三日月上の形は最後まで白いところを残し、隣の黒に近い色とあいまって、強いアクセントとしての役割だけではなく、絵の世界を鏡にたとえれば(このように奥行きを感じさせる絵は、その奥行きゆえに鏡にたとえることが出来るでしょう。)鏡の表面にはりついたベンチマークのように絵の世界と現実の世界を区別しながらもつないでいるような印象をあたえます。



にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログへ ブログランキングranQ

ブログランキングに参加しています。よろしかったら応援のクリックお願いします


テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/10/11 22:09】 | 絵画 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<視覚の葛藤 | ホーム | ストライプ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://trkhr884.blog27.fc2.com/tb.php/145-7edf1cc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

もりやま

Author:もりやま  画家の眼から見た子どもの絵の良さ、子どもの絵を通して芸術の意味を考えていきます。気軽にコメントくださいね。
リンクはフリーです。
Judging from eyes of a painter, I analyze a picture of a child. I think about a meaning of art through a picture of a child.  /

もりやま作品展示室

works exhibition room

生徒募集kiio
無題

絵画・美術教室検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

目次

サイト内検索

検索したい言葉を入れると、その言葉が使われた記事を並べます。

最近の記事

最近のコメント

リンク

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--