深読み先生お絵かき教室日記<%sub_title=子どもの絵解析>
FC2ブログ
深読み先生・お絵かき教室日記
絵画作品 子どもの絵解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
中心の周り
DSCF0429.jpg

この絵で注意を引くのは周りを縁取っている装飾です。
もちろん中心には、いすに置かれたポットが主役を占めています。
では、中心のものと、周りとはどのような関係があるのでしょうか。
目で物を見るとき、わたしたちは周りのものも同時に見ています。
いやおう無く周りのものは目に入りますが対象が余りに強烈であるとか、特別の注意を払うような場合には、意識の上では周りは空虚であるか、無いものとしてとらえているのではないでしょうか。

真ん中には興味の中心であるポットが椅子においてある。
ポットの周りは空虚である。空虚なものほど表現し難いものは無いのではないでしょうか。

一方で画用紙は四角である。
ポットと椅子を画用紙の中に描くことは出来るが画用紙は、ポットと椅子がちょうど入るような形ではないので、どうしても四隅が余ってしまう。

あまってしまった画用紙の四隅がある。
ポットの周りは空虚である。

ある画用紙で無いものを表現しなければならない。
ここには人知れず葛藤がうまれます。
 
様々な解決策の中からここでは周りを装飾して、無いと言うことを表現しているのではないでしょうか。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/12/19 00:05】 | 絵画 | トラックバック(0) | コメント(8)
<<新しい文字 | ホーム | 力の統一>>
コメント

さまざまな葛藤から、周囲の装飾は「無い」ことを表現しているというのは、面白いですね。。。
私は、背景にある、点々や波の模様はポットから出ている湯気なのかと思いました…
【2005/12/20 22:54】 URL | fivesenses #-[ 編集]

fivesensesさん
表現と内容が一致すれば。それが解決になるところが芸術の面白いところで、解決の方法は色々あると思います。
もし、ポットの周りに見える、向こうの壁とか、向こうに座っている人などを書き込んで画面を充実させようとするならば、画用紙の上でポット以外の所の存在と、現実のポットのある空間は変換されるにしても何かが在るという共通点が生まれるので、空虚を表すという葛藤からは開放されるでしょうが、今度はポットと周りにあるものとの関係をどう捉えるのかという問題が生まれます。あくまでポットを主役にするのか、それとも全体のなかにある一つのものとして捉えるのか、それによってまた表現が変わってくるでしょう。
それらが画面におかれた、色や、形と、画面そのものとの関係もふくめて。
それが意図されたものか、そうでないかは別にして、なにかおもしろいなとか、いいなと、どこか感じさせるところがあるとしたら、そこで生まれた問題が何らかの解決を見せてくれているからだろうと思います。
ある問題を解決しようとしていて、やり方によっては問題そのものを変えてしまって、はじめの意図とはちがう所に来てしまっても、別な視点から見ておもしろさが生まれていれば、
そこにはなにか新しい問題の解決が出来ているところが絵の面白いところですね。

どうも話が分かりにくいしコメントに直接答えていないような感じですが、はぐらかしていっているのではないことをくみとっていただければありがたいです。
【2005/12/21 11:54】 URL | #boNb3IEw[ 編集]

どうも、はまけんと申します。
来て頂いたようで有難う御座いました。
面白いブログですね、今までこういうの見た事無かったんでとても新鮮でした。
ところでその絵の周りは意味無かったんですか。
俺には部屋の中に見えました。
左がカーテンの付いた出窓で、下がコーナーソファー、上がテレビで、グジャグジャ書いてる線はテレビから出てる電気信号みたいな感じ。
中央はグレーのカーッペットの上にポットで沸かした紅茶を右側のダイニングから取り合えず持ってきて椅子に置いて、今ティーカップを取に行ったとこ・・・何て妄想してしまいました。
絵って不思議ですよね。
何か他のもよくみたくなったんで、訪問したいと思います。
では、これで。
【2005/12/22 23:17】 URL | はまけん #-[ 編集]
はまけんさん
コメントありがとうございます。
想像力ゆたかですね。右にダイニングまで出てくるとは。
また遊びに来てくださいね。
【2005/12/23 11:13】 URL | #boNb3IEw[ 編集]
お久しぶりです
リンク追加させていただきました!
海外のアーティストのような作品ですね!何歳の方の作品なのでしょうか?もしよければ教えてください。
【2005/12/26 01:45】 URL | りょう #yl2HcnkM[ 編集]
りょうさん
ありがとうございます。
小学校3年生です。
【2005/12/26 11:17】 URL | #boNb3IEw[ 編集]

訪問者履歴から、こちらのサイトに伺いました。生き生きとした絵も楽しいし、何よりその解説が、面白くて、また、お訪ねしたいと思っています。
【2006/02/14 22:07】 URL | キツネノテブクロ #-[ 編集]
キツネノテブクロさんへ
どうもありがとうございます。
ぜひまたいらしてくださいね。
【2006/02/14 23:48】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://trkhr884.blog27.fc2.com/tb.php/36-0c6254ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

もりやま

Author:もりやま  画家の眼から見た子どもの絵の良さ、子どもの絵を通して芸術の意味を考えていきます。気軽にコメントくださいね。
リンクはフリーです。
Judging from eyes of a painter, I analyze a picture of a child. I think about a meaning of art through a picture of a child.  /

もりやま作品展示室

works exhibition room

生徒募集kiio
無題

絵画・美術教室検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

目次

サイト内検索

検索したい言葉を入れると、その言葉が使われた記事を並べます。

最近の記事

最近のコメント

リンク

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--