深読み先生お絵かき教室日記<%sub_title=子どもの絵解析>
深読み先生・お絵かき教室日記
絵画作品 子どもの絵解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
DSCF0438.jpg

この不可解な絵はもともと、トウモロコシを描くことがきっかけになっています。中央の黄色い線で囲まれた多くの小さなマルはトウモロコシの一粒一粒を表しています。
下の黄色い塊りは、もしかするとトウモロコシの全体を表現しているのかもしれません。

しかし何が描いてあるかを詮索すれば謎は深まります。

では純粋に平面的な色や形という視点から見てみましょう。
画面上の黒いユニークな形と、下の三角形で一辺が水平に画面を横切る黄色い形は,薄茶色の下地の上に置かれています。
黒は上にあることで画面に浮遊感を与え、中間色の薄茶をクッションとして、下の黄色と色彩的にも量的にも呼応しあっています。

ところがその文脈で見れば、色彩的、量的には非常に効果的なブルーの線とそれに囲まれた規則的な赤い斑点群や、黄色いトウモロコシの粒の部分、そして左のオレンジの線で囲まれた緑の印などが、かえって具体的でありすぎたり、関わりがありすぎて、複雑すぎるのです。(しかし複雑さの指数とも言うものがあれば範囲内なのかもしれません)

にもかかわらず、あるいは、だからこそというべきか、ここには不思議な魅力があります。
 
それはどちらの見方からも割り切れません。(具体的な物としての文脈と純粋な色や形としてのの文脈)
あえていうなら、
色彩的、量的に響きあっているけれどその提示の仕方に異質な方法が取られているので、その関係上必要だけど、なぜそれらがあるのか説明できないパラドクスが生まれます。
私たちは引き寄せられ、そして謎に向かい合い、そこで繰り返し作品に問いかける楽しみが生まれるのです。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/01/05 15:32】 | 絵画 | トラックバック(0) | コメント(16)
<<あけましておめでとうございます。 | ホーム | 分割とつながり>>
コメント

訪問して頂きましてありがとうございました。

又、お越しくださいませ。
【2006/01/05 15:54】 URL | まいせれふ #-[ 編集]

まいせれ[ふさんへ
ありがとうございます。またうかがいます。
【2006/01/06 12:58】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]
訪問歴から遊びにきました
私は主に大人と老人施設と障害者施設でアートワークショップを開いています。
最近問題をかかえた中学生も増えてきました。
これからの時代にアートは大切なポジションにあると思います。
お子さんの絵いいですね。
ときどき訪問させていただきます
【2006/01/06 19:20】 URL | ぷるぷる #-[ 編集]
ぷるぷるさんへ
どうもありがとうございます。
【2006/01/06 22:55】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]

お言葉にあまえて、リンクさせていただきました!
【2006/01/06 23:58】 URL | kazz #-[ 編集]
気付かない真実
こんにちは。
トウモロコシの絵なんですか、子供は何を感じて何を考えてこんな風に形にするのか考えると説明は難しいのでしょうね。
受け取る私達が心理を紐解くと無数の事柄が浮かび複雑で不可思議ですけど
子供達はいたって素直に淡々と表現しているみたいです。
それでももりやまさんのように説明されるとなぜか優しい気持ちになれて深く深呼吸できます、おもしろいですね子供の絵って。
【2006/01/07 12:36】 URL | tomohba #-[ 編集]

Kazzさんへ
リンクありがとうございます。
KazzさんのURLがRSSにとんでしまいます。記入されているURLの語尾の?xmlを消していただければKazzさんのサイトに飛ぶことが出来るのですが・・・。

tomohbaさんへ
ありがとうございます。
優しい気持ちになれて深呼吸できるとは、かいてよかったと思いました。
【2006/01/07 15:41】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]

訪問履歴から来ました。
凄いですv-237そんな深い視点をお持ちで。

私も絵を描きますが母から何これといわれることもしばしば…

私もリンクにさせて頂きます。

また私の方にも遊びに来て下さい。

【2006/01/07 19:42】 URL | ワン子 #-[ 編集]
ワン子さんへ
ありがとうございます。またうかがいます。
【2006/01/07 22:00】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]
初めまして☆
瞬間にして釘付けになるような絵ばかりです。
素敵ですねぇ~。
躍動感があって☆

音楽療法や絵画療法を少ししているのですが、
そうした専門分野を抜けても素敵なものですね~☆
あぁ、そんな風に思えるんだなぁと思うだけでも勉強になります。

リンクさせて頂いてもよろしいですか?
しっかり貼っておきます(笑)
【2006/01/08 19:35】 URL | 麻葵 #1jhbtX.k[ 編集]
麻葵さんへ
コメント、リンク、ありがとうございます。
麻葵さんのサイトは単なるブログではないのですね、またゆっくりおじゃまします。
これからも宜しくおねがいいします。
【2006/01/08 23:54】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]
こういうページのアクセス、待っていました!!
こんにちは。はじめまして。中学校の教員をしております。絵を通して、子どもの気持ちをやさしくていねいに読み取っておられること、ほのぼのとした気持ちになります。アクセスありがとうございました。私は、趣味でアコーディオンを演奏いたします。聴き手と弾き手がひとつになるのって難しいと思います。絵も、受け手と描き手がひとつになる、似ていますよね。これからも、よろしく。リンクさせていただきます。
【2006/01/09 12:48】 URL | parmerhuse #Xup3JP9Q[ 編集]
parmerhuseさんへ
絵と音楽にはいっぱい共通点がありますね。これからも宜しくお願いします。
【2006/01/09 14:54】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]
はじめまして(^□^)
訪問者履歴から参りました。子供が描いてる絵って実は奥が深いんですね...。自分もこれから絵を見るときは考えながら見るようにしてみようと思います(^‐^)
【2006/01/09 15:54】 URL | clover5 #TWe2UBqI[ 編集]
はじめまして
もりやまさん
初めまして。ピノコと申します。
我が家にも3歳になる子供がいるのですが、このところお絵かきにはまっているので
私も童心にかえって一緒に描いています。
ここに載せれている絵たちをみていると、ついつい微笑みたくなってしまいました。
またお邪魔させてください。
【2006/01/09 19:37】 URL | ピノコ #-[ 編集]

clover5さんへ
コメントありがとうございます。
考えるのが先じゃなくてどうしてこの絵を自分は面白いと感じるのか説明しようとするとこうなちゃっうんですよ。

ピノコさんへ
コメントありがとうございます。またあそびにきてくださいね。
【2006/01/09 21:56】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://trkhr884.blog27.fc2.com/tb.php/40-7a996dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

もりやま

Author:もりやま  画家の眼から見た子どもの絵の良さ、子どもの絵を通して芸術の意味を考えていきます。気軽にコメントくださいね。
リンクはフリーです。
Judging from eyes of a painter, I analyze a picture of a child. I think about a meaning of art through a picture of a child.  /

もりやま作品展示室

works exhibition room

生徒募集kiio
無題

絵画・美術教室検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

目次

サイト内検索

検索したい言葉を入れると、その言葉が使われた記事を並べます。

最近の記事

最近のコメント

リンク

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--