深読み先生お絵かき教室日記<%sub_title=子どもの絵解析>
FC2ブログ
深読み先生・お絵かき教室日記
絵画作品 子どもの絵解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
一つの世界
DSCF0635.jpg

軽やかでありながら力強さを感じる作品です。
ここでは表現の手段として筆による単純な太い線と色面だけが使われています。
そして単純であるだけに本質的なヒントを与えてくれます。

色面は色を置くと同時に形を生み出しています。
紙の上に絵の具を置きます。すると絵の具と白紙の間に線ではない境界がうまれます。絵の具の在るところに形が生まれます。
それは線によって形を生み出すより分析的では無いけれど
自然に近い生の表現があります。

見る人はすんなりと作品に入り込むことが出来ます。
そのような見方でこの作品を見ると
二つのレモンの黄色を取り囲んで花や果実がごろりと存在しながら様々な形のバリエーションとなって共演しています。
決定的に力強い黒い不思議な形。
線だけの組み合わせで出来た花。
線と丸い形の組み合わせである緑の果実のバリエーション。
唯一輪郭線のある薄墨色の形。
さらに白にもっとも近いカップのような形。
床かテーブルを表す茶色の線。
それらはループ状に形も色も純粋な黄色いレモンを取り囲んでいます。
それらは互いに共通のあり方とそれぞれの個性による変化によって一つ一つ違いながらも共存して一つの世界を作っています。
不思議に私たちは存在の喜びを感じることが出来ます。
にほんブログ村 美術ブログへranQ

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/01/28 12:56】 | 絵画 | トラックバック(0) | コメント(16)
<<水の風 | ホーム | 色彩の振動>>
コメント
こんにちは
はじめまして。アリスといいます。

子供の絵をこんなに専門的に説明していらっしゃる方を見るのは初めてです。
小さいこが描いた絵は、自由に描きたいように描いているのでどこか魅力を感じます。
でも私の場合、専門的な知識がないがためにどこをどう褒めたら良いのか分からないです。
やっぱり、画家さんはすごいですねっっ!
【2006/01/28 22:55】 URL | アリス #gS/xbSlc[ 編集]
アリスさんへ
読んでくれてありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。
【2006/01/29 14:03】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]

子供の絵って単純なものほど私達を楽しませてくれるように思います。
この絵などは見たものを一つ一つ良い位置に配置してあり、こどもの
アピールの仕方が純粋なのに感動します。
力強い線が最後まで同じタッチで元気で確固とした意思を感じます。
【2006/01/29 15:45】 URL | tomohba #-[ 編集]

はじめまして。
絵の評価を、しかも画家さんの絵の評価をうかがうことなど、まずありません。
なので、とても興味深く拝見させていただきました。
私は、自分の感性にぴったりの絵や写真を飾りたいと探しています。かといって、高価なものは決して買えません。
いつか、そんな絵にめぐり会えるのを楽しみにしています。
【2006/01/29 19:34】 URL | hiyoko #-[ 編集]

tomohbaさんへ
コメントありがとうございます。

hiyokoさんへ
コメントありがとうございます。
絵との良い出会いがあれば良いですね。これからも宜しくお願いします。
【2006/01/29 21:21】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]

訪問のお礼にきました(*´ー`) ありがとうございます★ウチの子が絵を書けるようになるには、まだまだですがその時が楽しみです♪色々な絵を見て、とても幸せな気持ちになりました(*´▽`*)
【2006/01/30 15:39】 URL | shino #-[ 編集]

訪問のお礼です。楽しませていただきました。学生時代に子どもたちの発達と絵画ということで勉強したことを思いだしました。わが子の絵もいっぱいとってあります。
引き出す指導者によって、絵がまったくちがいます。子どもの絵に真剣に向かっていらっしゃるご様子に感激しました。また寄せてください。
【2006/01/30 18:16】 URL | みえこ #-[ 編集]

shinoさんへ
コメントありがとうございます。その日が楽しみですね。

みえこさんへ
有難うございます。またきてくださいね。
【2006/01/30 21:42】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]
初めまして
子供たちの絵ってこうして見るといろ~んな
メッセージが隠れているんですね。

面白いですね。面白いと言ったら失礼ですね。

私は孫がおり、来るといろいろ描いて遊んでいましたが、
最近はゲームに夢中になって来ました。

時々伺わせてください。
【2006/02/01 13:50】 URL | oda #i1xTcUiE[ 編集]
odaさんへ
コメント有難うございます。
面白いで結構ですよ!興味を持っていただけたんですから。
これからも宜しくお願いします。
【2006/02/01 20:34】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]

思ったんですが、子供の絵を見るときに
パッと見の印象というよりは、
ただず~っと長く見てるとなにか
別の感覚が生まれてくるような気がしました。、
なにかよりそうというか
そんな感じで。大人の絵のように意図がない分、
こちらも自然体になるとよく見えてくるのでしょうか。
【2006/02/02 13:22】 URL | 体操笑顔 #-[ 編集]
体操笑顔さんへ
コメントありがとうございます。
しなやかな感性でブログを更新しておられる体操笑顔さんから、このように立ち止まって温かいまなざしを向けるようなコメントをいただけてうれしいです。(皮肉ではありません。)
表現をするときに思い切り遠くに行こうという感覚と、それとは逆に大事なものはすべて身近にあるという感覚があると思いますが、普段忘れがちな大事な感覚を思い出させる力が子どもの絵に在るんだなあと、コメントをいただいて改めて感じました。
【2006/02/02 22:59】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]
Green door
作品Green doorは、迫力があって、少し怖いようなところがありますね。
実物の印象はまた異なるのかも知れませんが、大きさを考えても、そういう印象が予想できそうですね。素人なので、作品の感想を書くの少し、はばかれるのですが・・・。しかし、この複雑さは良い感じですね。
【2006/02/03 22:35】 URL | idealistk #-[ 編集]
idealistkさんへ
私の作品についてのコメントありがとうございます。
このころの作品は彩色した紙を切って張り合わせるやり方で製作していました。
かなり長くこのやり方で同じような作品」を作っていましたが、いまはキャンバスにアクリルでかいています。
【2006/02/04 13:29】 URL | もりやま #-[ 編集]
素敵な空間ですね。
はじめまして。いもと申します。
履歴からお邪魔させていただきました。

自分の周りに絵や版画、写真に触れている人がいるので、
興味深く拝見させていただきました。
もりやまさんご自身は、
リスペクトしている芸術家はいますか?
【2006/02/04 21:43】 URL | いも #-[ 編集]
いもさんへ
コメントありがとうございます。
尊敬する作家はたくさんいます。特にマティスはだいすきです。
【2006/02/05 21:11】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://trkhr884.blog27.fc2.com/tb.php/48-b8a9aa1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

もりやま

Author:もりやま  画家の眼から見た子どもの絵の良さ、子どもの絵を通して芸術の意味を考えていきます。気軽にコメントくださいね。
リンクはフリーです。
Judging from eyes of a painter, I analyze a picture of a child. I think about a meaning of art through a picture of a child.  /

もりやま作品展示室

works exhibition room

生徒募集kiio
無題

絵画・美術教室検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

目次

サイト内検索

検索したい言葉を入れると、その言葉が使われた記事を並べます。

最近の記事

最近のコメント

リンク

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--