深読み先生お絵かき教室日記<%sub_title=子どもの絵解析>
深読み先生・お絵かき教室日記
絵画作品 子どもの絵解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
間違いとは何か・正確さと真実
DSCF0640.jpg

この作品は私たちに描く時の追体験をさせてくれます。
それは、どっかりとした印象の花瓶と、ユニークな花の表現です。
画面は大きく白と茶色に二分されています。茶色は大地か机をおもわせて安定感を与えています。
横画面は余計にそれを感じさせます。

さて、ここで花瓶と花に取り掛かろうとした時に、沢山の花や葉っぱが花瓶に生けてあるように表現しようとして、花瓶まで描いてほとんど画面の余白、上の部分がなくなってしまった時、私たちはどうするでしょうか。
目測を誤ったとして縦の画面に書き直すでしょうか。
それとも見たまま、真っ直ぐに植物を伸ばして、花は描かないようにしてしまうでしょうか。
間違えてしまった。これでは良くないと思う人はやり直すべきかもしれません。
しかし目の前の事実は中立で、よくも悪くも判断次第だと受け入れる事ができれば、違った解釈、新しいあり方も可能かも知れません。

ここでは生命力のある本当の植物がそうであるように、自分の伸びることが出来る場所を求めて、画面の描かれてない場所に向かって成長しています。
この作品では遠近法的には正確でなくても、真実を表現することが可能である事、そしてその体験を伝えています。

にほんブログ村 美術ブログへranQ

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/02/22 10:32】 | おすすめ記事 | トラックバック(0) | コメント(8)
<<エネルギーグリッド | ホーム | 相互リンク集つくりました>>
コメント
決められた形
 こんにちは。
 
 わたしは、小さい時から絵を描くことが好きでした。

 でも ちゃんと決められたわくの、「四角の中に 入れなきゃ」 と描いてきたと思います。
 
 だから 自分が 「こうである・こうでなきゃ」という枠から出てしまうと 「いけない」「ちがう」って 正そうと努力してきました。

 じゆうに いろんなものを表現できて 受け入れられるって とても素敵で憧れます。

 今から 枠を考えずに描くことはできるのかしら・・・

 人間関係に似ていますね。

 よく 絵を分析しているのは そういうことなのかしら?

 いつも 自分にはできない素敵な絵を観に来るのが楽しみです。
【2006/02/22 18:23】 URL | 海ん美 #-[ 編集]
はじめまして
お邪魔します。
履歴から伺ってみました。
こんな素敵なブログに出会えて嬉しいです。
前に、幼児教育の場にいました。子どもの絵は、見ていて素直な気持ちになれて好きです。
時間的にでしょぅか、かなり重くて開きにくいので、
また別の時間にゆっくり見させていただきます。
さっそく、リンクさせて下さいませ。
【2006/02/23 00:09】 URL | みゅう #tjJBr9QM[ 編集]

海ん美さんへ
絵をとおして海ん美さんが自身の何かに出会えたとしたらとてもうれしいです。

みゅうさんへ
リンクありがとうございます。
そうですか時間的にも重くなりがちだとおもいますが、ちょっと原因がわかりません、すみません。
【2006/02/23 09:35】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]
昨日はごめんなさい
重たくて開きにくかったのは、わたしのPCのせいかもしれません。
今日は、するすると軽く開くことができて、たくさんの絵を見せて頂きました。
虫の絵(クワガタでしょうか)や、お花の絵など、男の子かな?女の子かな?とか
年齢も想像しながら見ました。
もりやまさんの絵は、抽象的なものが多く、何かこだわりがあるのでしょうか?
また、寄らせて頂きます。
【2006/02/23 21:18】 URL | みゅう #tjJBr9QM[ 編集]

ほんとに自由でいいですね。

ときどきこのブログにおじゃましてますが、
いつも新鮮な気持ちになります。
【2006/02/24 18:04】 URL | どらむすこ #-[ 編集]

みゅうさんへ
私も時々おもくなることがありますが時間的な問題かもしれません。
作品については展示室の方でいつか語った方が良いとは思いますが、まだ未定です。

どらむすこさんへ
どうもありがとうございます。自分も新鮮な気持ちを忘れないでいたいと思います。
【2006/02/25 19:20】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]

子どもなら原色を使いがちですが
この絵は、深みのある赤がとても素敵ですね。

色と形の魔法を扱う子どもたち。
う~ん、まさしく小さなハリー・ポッターと
いったところでしょうか(^^)

【2006/02/25 22:47】 URL | りつ #MF8IyTP2[ 編集]

りつさんへ
訪問、コメントありがとうございます。
【2006/02/27 09:31】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://trkhr884.blog27.fc2.com/tb.php/52-2bd49c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

もりやま

Author:もりやま  画家の眼から見た子どもの絵の良さ、子どもの絵を通して芸術の意味を考えていきます。気軽にコメントくださいね。
リンクはフリーです。
Judging from eyes of a painter, I analyze a picture of a child. I think about a meaning of art through a picture of a child.  /

もりやま作品展示室

works exhibition room

生徒募集kiio
無題

絵画・美術教室検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

目次

サイト内検索

検索したい言葉を入れると、その言葉が使われた記事を並べます。

最近の記事

最近のコメント

リンク

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--