深読み先生お絵かき教室日記<%sub_title=子どもの絵解析>
FC2ブログ
深読み先生・お絵かき教室日記
絵画作品 子どもの絵解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
始まりと終わり
DSCF0968.jpg

画面全体に生き生きとした躍動感のある作品です。この作品は余白が多く残っているにも関わらず、かなり複雑な構造がうまれています。それはなぜでしょうか。
試みにこの作品を出発から終わりまで、つまりまっさらな状態から、複雑に色彩が絡み合って画面全体が埋め尽くされ、最後に真っ黒で均一な画面になるものの中間として仮定して捉えてみましょう。

視覚的に生き生きしたものはどちらにも関わりあいながらそれぞれが充実しているのが分かります。

木や恐竜はそれぞれ線から形となって自己完結するので、それ以外の白いところは私たちは余白とみなします。
しかしそれぞれの形が重なり合っていれば、木の余白に恐竜がいたり恐竜の余白に木があったりすることになり、線で描かれた形はそれ一つの役割ではなく、主役であり背景でもあるという複数の役割をにないます。
そこで木や恐竜が違う色の線で描かれていることは、私たちが識別し易く、混乱を避けるのに役立ちます。

一方視覚的にも強い黒や明度的に黒に近い色は白を出発とするならば最終地点でもあり、闇から光が生まれるように出発の前段階となるので、最終地点でもあり、出発点でもあります。
つまりここでは出発点と最終点が混在しています。

このように考えていくと、背景とも見えながら意味不明に思われる茶色い逆三角形が、背景でもあり、構図に中心から広がりをもたらすものでもあり、黒と白の中間として、両方をつなぐものであり 、余白と実態の中間であると受け止めることが出来ます。
 またちりばめられた点や線やは白を余白としてだけにとどめず、画面に一体感を与える助けになり、リズム感を与えます。

始まりと終わり。
そのどちらも空虚ですが、そのサイクルの中に作品を捉え、生命と共通したものを見つけることが出来れば、そこにはどの段階であっても充実した美しさや躍動感がありうるとがわかります。

にほんブログ村 美術ブログへranQ
   
    

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/04/21 12:06】 | 絵画 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<線の一貫性 | ホーム | 色彩が呼び起こすもの>>
コメント

興味深い作品ですね。
考えが入っているというか、時間の経過も感じられるものの。
構成が加えられている気がします。
画面への意識が働いているように思います。
近くと遠くがあるように思います。
描いたものを壊す事無く描かれた最初と最後が意識された画面と思います。
【2006/04/22 00:05】 URL | tomohba #-[ 編集]

色と色が重ならないように塗っている部分は、何か中途半端な感じがしつつも、その微妙な加減が、なんとなく気遣い(心遣い?)のような気がして、大胆にも絵の上に線を引いているところは、その不器用さが愛らしく感じました。
【2006/04/22 00:26】 URL | fivesenses #-[ 編集]

tomohbaさんへ
コメントありがとうございます。興味深いというところで意見が一致してうれしいです。
ただ本人が意識しているというより、一つの解釈の仕方を提示したつもりなのですが、それはいきいきとみえるのはなぜだろうとという気持ちから出発して、それを説明できないかと思って記事を書きました。

fivesensesさんへ
不器用さが愛らしく感じるというのは とてもいいですね。  
【2006/04/22 22:59】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]

はじめまして。いつも見させていただいています。
この絵は子供の絵の典型的な『線の空』が描かれてますね。
空はボクの世界の一番上にあってズ~と横に広がってるんだ!っていう空間把握能力は、大人が失いがちな部分で、これを見ると、絵画というのはもっと自分本位の空間を構築していい自由な場所なんだな~と再認識させられ、うれしくなります。
いつも子供の絵はお手本です。ありがとうございます。
【2006/04/23 13:21】 URL | masako_i #4Jw6fsGY[ 編集]
こんにちは。
先生 ご無沙汰してます。 今回の作品は色合いが素敵ですね。が、しかしそれよりも僕が注目したのは、画面いっぱいに描いたこの作者の世界観でした。
画用紙が、そこに在る世界だと考えると恐竜を中心に画面全体に世界が広がっているように見えます。そこから伝わってくる作者の世界観!広いですね。 素晴らしいです。
また、教えられました。 ありがとうございます。
【2006/04/23 20:08】 URL | J・バウアー #-[ 編集]

masako-iさんへ
いつも見に来ていただいてありがとうございます。わたしも時々拝見させていただいています。コメントありがとうございます。
これからもよろしくおねがいします。

J.バウアーさんへ
いつもありがとうございます。なんだかいただいたコメントから元気が伝わってくるようです。ありがとうございます。
【2006/04/24 11:29】 URL | もりやま #boNb3IEw[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://trkhr884.blog27.fc2.com/tb.php/71-750c9b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

もりやま

Author:もりやま  画家の眼から見た子どもの絵の良さ、子どもの絵を通して芸術の意味を考えていきます。気軽にコメントくださいね。
リンクはフリーです。
Judging from eyes of a painter, I analyze a picture of a child. I think about a meaning of art through a picture of a child.  /

もりやま作品展示室

works exhibition room

生徒募集kiio
無題

絵画・美術教室検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

目次

サイト内検索

検索したい言葉を入れると、その言葉が使われた記事を並べます。

最近の記事

最近のコメント

リンク

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
--